2016年2月18日 (木)

最強の思想家の、難解な本…

 最大最強で有名なのが思想家の吉本隆明さん。著書も難読、難解本として有名だ。
 でも、読んでみて、こんなに「うんうん」「なるほっ」と納得と感動のシャワーを浴びれるような本は、他にはなかった。

 最高学府をトップクラスの成績で卒業した教授が何名もゴロゴロしてる大学では、「資本論」の講義の前に論理学を勉強させられた。考えることの達人は、考える“方法”そのものが“考え”を左右することを知っているからだ。アタマがイイってことは、スゴイことなんだなっ、と思った。別のいい方をすれば、方法がちゃんとしていれば誰でも正しい考え方ができる、ということでもある。本物のスキルとは、きっと、こういうもののことをいうのだ。誰のポテンシャルでも引き出してくれる、そういうスキルやそういう方法だ。

 そこで読んだヘーゲルの論理学は、縦・横・高さの3次元への認識からスタートする思考法で、科学的な思考の原則となるもの。3次元を考え、そこに量や質を見出し、さらに高次元へ思考をめぐらせ、考える対象そのものへ働きかけていく…この考え方、考える方法そのものが論理だ。そして考え方が進むにしたがって、考える方法も緻密になっていく…。だんだん進歩していく考え方そのものが、順を追って微細になりつつ、同時にいつも全体を見失わないように自己コントロール(自己言及)されている…この考える方(主体)と、考えられる方(客体)の関係そのものが対話=弁証法として把握される。ギリシャ哲学の代表ソクラテス以来の、考えることそのものの哲学が論理学であり弁証法なのだ。この思索のノウハウ、考え方そのものが吉本さんの本にはあふれていた。もちろんそれは資本論を読んだ印象にもとても似ているところがたくさんあった。

 弁証法で、特にイケていたのは<疎外>という概念。疎外とは表現のことで、疎外されている…とは表現されていると考えてしまってもOKだ。例えば…ソレはその周囲とは異なっているからこそソコに現れている…ということだからだ。周囲とまったく同じだったら表現されていることにはならない。周囲とは異なること、周囲との異和そのものが疎外だ。それは同時に表現(外化)されていることでもある…。この<ソレ>と<ソコ>と<周囲>の関係。それが疎外論であり、吉本さんが探究していることそのものだったのだ。

 難しいことを書いてしまったけど、現実に吉本さんの本を読んでいて難しいことはなかった。たぶん、解らないと読むのを止めて、また読みたくなるまで放っておいたからだろう。クリアできるまでゲームを途中でセーブしておくのと同じだ。日本でいちばん難解な本といわれていた『心的現象論序説』を読んでいたが、あせることはなかった。いつでもセーブ、時にはリセットして、読みたいところから読んでいた。とうとうどこが難解なのかはわからないまま読了した。でも、考えてみると何年かかったのかわからないくらいで、アルバイト生活をしていた学生以来20年近くがたっていた。本当に読了した時には20年くらいたっていたのだ。気楽にセーブしたりリセットをしていただけではなく、吉本さんの本の中の用語も自分にとっては理解しやすかったのがよかった。位相幾何学や物理化学的なスタンスはわかりやすくてブレがない。メビウスの環のような発想は、ソクラテスの弁証法とともにキチンとした理解へ導いてくれた。ヘーゲルの弁証法のようなアプローチは資本論やマルクスと同じようで大学の講義と似てもいた。ボクとしては「難解な本」は難解ではなかった…。これは自慢ではなく、先入観なしでマイペースで読めば、必ずクリアできる…という事実にすぎないのだろうと思う。誰にとってもそうであるハズだ。一箇所だけ、2、3行にまたがるテキストで意味がわからないところがあったけど、今はそれがどこだったかさえわからなくなっている。(いまだにわからない文章がジャック・アタリの本には一箇所ありますがw)

 ボクは、そうやって<吉本隆明>を読んだ。
 この本は、未帰還者である吉本隆明さんの、そのポテンシャルをみんなのものにするために企画されたものだ。
 上手に伝わらなければ、その責任はボクにある。だとしても、解決のために、ネットのどこかでそういう応答をするのも楽しいだろうとも思っている。

2015年11月 5日 (木)

数理的な根拠も自然な感覚からだと証明…心理は時空間!

----------------------------------------------

戦後最大の思想家の最も難解な本 ホントに読まれるのはこれから2013/4/24

Byタマ73

 

たとえば数学や論理学は最も抽象的で科学的な、だからこそ普遍的な認識?ですが、その根拠は何か…とい うと結構ナゾです…。本書には数行で数理論の根拠が書かれているパートがあり、理論物理学などでも概念の均質性や空間性が前提ですが、そういった認識の根 拠が説明されています。そういうことを力まずに何気なく書くのは著者がバリバリの理系の人間だからじゃないかなと思いました。理系的な知識や論理でモノゴ トを一刀両断にする人がいますが、理論や定理は現実からある特定の方法の見方で抽出されたもの。そのため時代が変わり新しい実証や研究によって理論や定理 も変わります。進歩というやつです。

本書は逆にその変わらない部分にスポットを当てたともいえる内容になっています。変わらない部分からの変成がさまざま な心的現象のレベルになり理性であったり道徳であったり数理計算であったりという説明。病気や異常もその変数の違いとして把握されていきます…。なので、 哲学だとか心理学だとか思想だとかいう先入観や前提で読むとたぶん理解し難いのでしょう。本書が“最も難解な本”といわれる理由は、むしろ逆?で、先入観 でしか読めない人がいかに多いのかを示しているのかもしれません…と自分的には思っています。


クオリアもデジャブも本書的には変数の違いや時空概念の錯合 によるもの。現象学のような鋭いアプローチをしながら、自らの視点や論拠をも微分し相対化する方法はこれこそが科学だといえるものですが、ベキ上化する観 念を大前提に自らのベキ上化をも考慮しながら考察されていく、ポスモダのキーでもある自己言及や再帰性が本書でも最重要ポイントになっています。

本 書はたとえると、縦・横・高さの3次元からはじまりモノゴトの形や量や質を説明するヘーゲル小論理学が似てるかもしれません。これ以上は微分できないと いう要素から心理(心的現象)を説明しているからです。究極的に心的現象を時間と空間の概念で再構成していくのが本書の基本的な内容で、精神病も理性も感 性も悟性も感動も盛り上がりも鬱もキレるのも…時空間概念の積分の特定の傾向として把握されていく…自分的にはそんな風に読めました。


詩人ならではの文体か批評家ならではのアイロニーか、クセがあって読みやすくはない雰囲気がありますが、そこで引っかかっては本書は読めません。イメージや雰囲気、先入観で ものをみる人には読みにくいのでしょう。たぶん団塊世代とか学生運動とか左翼がどうしたとか、著者は学者じゃないとか、そんなバイアスがかかっている人に は無理かも。きっと新しい?スタンスの人や世代がキチッと読んで、その整合性やトーナリティに驚きながら意外なシンプルさに気がつくような、そんな本なん だろと思いました。

本書がホントに読まれるのはこれからだと思います。



           
改訂新版 心的現象論序説 角川文庫 (角川ソフィア文庫)

著:吉本 隆明
参考価格:-
価格:

   

2014年5月 6日 (火)

みんなの不安の根源を解き明かし、ラジカルな勇気をくれる一冊!

----------------------------------------------
 現代が<終わってる>ことを宣言してくれた正直な名著! そして社会は動物化?した… だからみんなで何かを探しに行こう! 2014/4/22

By タマ73

             
       

現代の日本が大きなオワコンであることが指摘されて、この本は終わります。

いちばん最後の文章が以下です。


  「わたしたちの倫理は社会的、政治的な集団機能としていえば、
  すべて欠如に由来し、それに対応する歴史をたどってきたが、
  過剰や格差の縮まりに対応する生の倫理を、まったく知っていない。
  ここから消費社会における内在的な不安はやってくるとおもえる。」



マ ルクスの理論から消費が生産でもあることを示し、日本が高度消費資本主義社会であると説明されます。これはGDPの半分以上が選択消費になる先進国の共通 の具体的な経済状態です。そしてこの状態こそが動物化した資本主義といえるものだと指摘されます。それは動物は意図的な生産はしないで消費だけをするから です…。

動物化するニッポン…。でも著者は悲観しているのではありません。逆です。象徴交換の神話と死で消費資本主義を激しく批判する ボードリヤールにテッテー的な反論を加えながら、現代だけに可能になった未来への期待が示されています。そして、その立場は<弱者>というもの…。つまり 受動的な一般大衆=消費者のことです。


  「弱者(一般大衆)が受動的である社会が、
  どうして否定的な画像で描かれなくてはならないのか、
  どうしてみくだされなくてはならないのか、
  わたしにはさっぱりわからない。」



必 要なのは現在に通用する倫理がないことをクールに認識することであって、現在を否定することではないからです。現在の大きな<不安>は通用する倫理が無い から…という指摘は、次のステップを示してくれています。現在の不安を解消するのは古びた愛国や平等といったものではないのは当然だからです。

本書は、日常生活の中で、弱者(みんな)が、ちょっとづつ何か(倫理でも何でも)を探しながら生きていくことを全面的に肯定してくれた一冊といえるでしょう。

本 書には<動物>という言葉以外に<幼童>や<子ども>、<女の子><弟><妹>などの概念が幾度も登場し、グリム童話やアンデルセン、高橋源一郎村上龍 などもサンプリングされています。カットアップされるのは子どもが登場したり幼稚性を示した場面…。そこで解析されるのは瞬間や反復、常同、面白いもの、 残酷、無倫理…です。

動物と幼童が等質等価であるのはヘーゲル以来の認識であり、消費=生産も資本論の範疇です。本書の内容はじつはオーソドック。それらの現況である終わりなき日常の反復にこそ未来の可能性を発見した、巨大な思想家の優しい視線を感じることができます。


           
ハイ・イメージ論3 (ちくま学芸文庫)

著:吉本 隆明
参考価格:¥1,188
価格:¥1,188

   

2014年1月14日 (火)

都市伝説から神話や宗教まで、見切れるガイド本!?

----------------------------------------------
アジア的という壮大な構造物を分析した物語論? 何の参考にもなる可能性! 2013/7/23

              
      
 国家は幻想である、宗教も幻想である…という言葉で有名な本です。
 でも、読んでみるとそうハッキリと国家のことが書いてあるワケではありません。
  それよりも、物語がどうやってできるかとか、どうやって伝えられるかということが詳しく解説されています。<巫女>や<他界>のことが書いてあって、つま りアイドルとかあの世とかについて説明されていて、読むほど面白くなる本だといえます。簡単にいえば物語のでっち上げ方が書いてあり、そのフィクションの カタマリとして社会や国家や宗教が示唆されていきます。そして日本はもっとも複雑で高度なフィクションのカタマリとして歴史に登場したということが解き明 かされていきます。アジアのなかでも特別に複雑な幻想のカタマリとして成立したニッポン…そのリソースやその証拠として分析されるのが「古事記」や「日本書紀」そして「遠野物語」などのエピソードです。

 現代でいえば国家というものはレーニンが分析した「国家と革命」ネグリ=ハート「帝国」などで理解できるし、機能的にはそれが当たっています。ここで吉本隆明さんが考察しているのはもっと根源的なもの。どうして国家があると思ってし まうのか?というような根源的な問題です。それらがより細かく微分されて、どうして巫女は共同体の予期をする(占う)のか?とか、なぜ幽霊はいると実感で きるのか?というような具体例を通して分析されていきます。

 日本のオリジナルな特徴として天つ罪・国つ罪のように一つの行為が一方で罪 になり他方では罪にならないような事例を上げて、異なる価値観が並立し組み合わさっていた事実から、異なる民族や文化が高度で複雑な共同体を形成しキメラ な構造の社会を成り立たせていった可能性が指摘されています。それがマルクス経済学でいうアジア的共同体にも匹敵する、日本(だけ?)の観念のなかの壮大 な構造物であるという指摘は、物語とその構成こそが共同幻想であり、そのある形がのひとつが国家や宗教なのだ…ということを示しているといえるでしょう。 国家創世の神とその神話を、それを描いた知識人のレベルまでを解析しながら解体批評していく本書の展開はスリリングで画期的なもの。著者である吉本隆明さ んが知の巨人とか最大の思想家といわれる証拠がここにあるといえる内容の一冊です。

 発刊当時は政治的な革命の書として読まれたようです が、現在では都市伝説から神話や宗教まで、ありとあらゆる物語を解体する手がかりとなるガイドとして読めるものだと思います。読むほど万能のガイドのよう に読める本書は繰り返し読むことが一つのポイントかもれません。さまざまな物語論とともに「共同幻想論」を読むと、この本がいかに原理的な根源的なテーマ を持っているかがわかります。そのすべてのはじまりに対幻想=性があるというのも人間が生きていくあらゆる場面で本書が役に立つ?可能性を示しているとも いえます。



           
共同幻想論 (角川文庫ソフィア)

著:吉本 隆明
参考価格:¥620
価格:¥620

   

----------------------------------------------

2013年10月29日 (火)

仲間で生き抜こうぜという本。もちろんひっきー&ニートOKでしょ。

----------------------------------------------
現代社会の解決はシュエハウス的なトレンドだけ? 2012/10/29
 
    By タマ73
 
Amazon.co.jpで購入済み
 
吉本隆明さん自身による“吉本ガイド”のように読める本。初期三部作(言語にとって美とはなにか共同幻想論心的現象論)のような理論的なものではな く、現代社会を乗り切るための、『アフリカ的段階』以降の思索が披露されています。“アメリカはオカシイ”からはじまってラストは“シェアハウスに期待す る”的な言葉…。シェアハウスという言葉は出てきませんが「三人ぐらいでつくる集団」に期待する、「そういうことでしか可能性はない」という強力なプッ シュが印象的なラストです。

フーコーを「まったく独立派だった」、シモーヌヴェイユを「単独者として自分の考えを述べていく」人と紹介。 「単独者」はもともとフーコーの言葉ですが、吉本さんにとってはひきこもりからフツーの人や思想家までつらぬく大切な定義。単独者同志が小さな集団を作 る…というと攻殻機動隊スタンドアローンコンプレックスを思い出しますが、それっていいんじゃないかっと思えたりもします。

いちばん難 しい問題として指摘されているのが現在のネット社会を前提としたもの。先端技術のおかげなどで簡単に成功やお金に結びつく可能性とそのためにコツコツやっ ていく事がおろそかになっているという両極に覆われてしまっている社会について…。これらの現代の格差などの問題の解決は…政党をはじめインテリ?が何か (上から)指導したりすることにも否定的で“社会を変えるには下からがいい”と吉本さんの根本的な思想が炸裂してる感じで、元気です。

憲法9条をめぐる言葉では吉本さんの思想の最大の特徴である対幻想と共同幻想の差異からハッキリとした解釈がされ、9条の価値と、9条でも介入できない対幻想の世界観が述べられています。

専門用語などがなくて読みやすく、しかも吉本さんの思想と現代社会の問題の解決の可能性がつかめる一冊といえます。『言語にとって美とはなにか』を「わからない」といったり、『アフリカ的段階』を「奇書」と呼んだりした人たちの感想はどんなものなのかな、と思いました。


           
第二の敗戦期: これからの日本をどうよむか

著:吉本 隆明
参考価格:¥1,575
価格:¥1,575

   
----------------------------------------------

2013年9月22日 (日)

物語の2つの方向性

●基本となる2つのベクトル

 物語の原初の論理は2つの志向性として生成します。

 吉本理論のようにフロイト的に語れば、基本的にはエスから自我が離脱(しようと)するベクトルと、エスへ回帰しようとするベクトルの2つ。
 別の面からみれば、それは観念が自律しようとすることに対して<YES>と<NO>のスタンスがあるということです。YESとは観念が自らの生成を育み個として自立しようとするベクトルであり、NOは個以前の状態への回帰、エスへの回帰。
 このエスへの回帰は<(人)類>としての存在への回帰だともいえます。

 おそらくこの<YES>と<NO>というスタンスは、やがて<イナイイナイ・バア>として発現、表現され、その後のすべての認識の基本となっていくもの。文字どおりの<YES・NO>として、行動や思考や言語の根幹を左右し展開していくものと考えられます。


●死という最大のイベント

 エスからの離脱が始まった時点(つまり個体生命として存在した時点)で、すでに自我が迎えなければならない最大のイベントととして死があります。

 原初のベクトルはエスからの離脱をめぐるものでしたが、生を獲得してしまった以上、その終わりである死が究極のイベントであり、すべてのベクトルが死に対する何らかのカウンターとして生成するものだと考えられます。フロイト-ラカン的にいえば死は最大の去勢であり、すべての生はこの去勢との反作用としての営みだといえます。


●イベントに対応する物語

 この死を最大のイベントだとして考えたE・キューブラー・ロスという人がいます。その著書『死ぬ瞬間』では死を極限とした事件に対して人間がどのような認識をもつか、その原型が臨床における具体的な孝察の結果として示されています。
 ロスによれば、それが物語の原型としての7段階です。

 吉本さんはそれを援用し、そこに母の物語とのかかわりを導入して考察することでオリジナルな物語論?の基本を作りました。
 つまり、人間がストレスに対してどう対応するかという基本形に、そのストレスから自分を救済してくれる原型としての母の物語(母による養育・擁護を基本とする)をバイアスとして導入したと考えられます。

2013年4月12日 (金)

物語の基本となる転写

●胎内における対幻想=<時点ゼロの双数性>

 胎児期の自己とシンクロ率100%である母(体)は他者性ゼロ。
 母の胎内にある胎児は完全なる対幻想=<時点ゼロの双数性>の状態です。 母子の関係は自他不可分であり、相互に全面肯定であるハズという認識を前提としています。
 ここでは4つの要素からなる2つの関係がそれぞれ不可分に存在しています。


   母 ← → 子
   栄養 ← → 情報


 母の精神的・身体的な状態はすべて子に影響します。
 母が摂取する栄養が足りなければ子への栄養の供給も足りなくなり、
 母がストレスを受ければ、ホルモンなどの代謝レベルで子へ影響します。

 母子が不可分であるほど、母の状態はそのまま子に転写します。この段階では情報はホルモンなど分子レベルのやりとりそのものだと考えられます。


   母の意識および無意識の状態が転写されます。
   母の<意識>も<無意識>も、子の<無意識>として形成されます。


●母からの<転写>という基本

 母の状態は子に転写されますが、そのまま全部が転写されるわけではありません。
 あるいは転写された領域がすべてではありません。

 母の状態がそのまま転写される部分と、そうでない部分の2つの領域が生じます。
 その2つの領域をもつ無意識あるいは無意識の2つの領域が生じるといえます。

 つまり2つの領域というギャップまたは<二重性>が無意識のなかに生じます。


●マイナスの<転写>という問題

 母がストレスを受けた場合、そのストレスによるマイナスの影響はそのまま子へマイナスの影響として転写されます。

 母から子に対してマイナスの影響があった場合、2つの問題が生じます。


   マイナスの傾向がそのまま転写させられる。
   マイナスに反発する力動が生じる可能性。


 母の影響は胎児の感受性とも関係があるので、実際には複雑です。
 サリドマイドのようにある時期の胎児に多大な異常をもたらすものも、その感受性がある時期以外では障害を起こさないものもあり、刻一刻と変化する胎児の感受性とそれへの影響は最終的にどのようなかたちになるかは重層的な非常に複雑な過程を経ています。


●<転写>の基本条件

 子の遺伝子は母と父の遺伝子を半分づつ継承してできています。
 母の状態が子へ転写するときに、子の遺伝子が母の遺伝子と全く同じであれば、同じ反応や、ある<状態>が同じように転写することが考えられます。
 しかし、実際は子の遺伝子の半分は父の遺伝子であり、母の状態やその転写に対する反応は、さまざまだと考えられます。

 父からの遺伝子は基本的な変数として考えられます。

2013年2月 4日 (月)

認識の時空間性

Ml_fj310143

2013年1月25日 (金)

「デジャブとクオリアがわかる「共同幻想」」←でじたる書房から電子出版

      

Snapcrab_noname_2013126_01050_no00                                     

                              

デジャブとクオリアがわかる「共同幻想」

                                         
デジャブとクオリアがわかる「共同幻想」
立ち読みしてみる
            
この著者の作品一覧

著者  大江昇  おおえのぼる

電子書籍:作品紹介PDF形式 電子書籍
 共同幻想で有名な未帰還者である吉本隆明さんの「共同幻想論」と難解で有名な「心的現象論序説」の新しいガイドです。プロや学者にも読まれているセレク トと、ハイイメージ論やアフリカ的段階など新しい読者向けで今後の展開を予期させるものを入れました。サイエンス本として刊行予定されていた本のベースに もなるものです。吉本ファンの方に手応えのある内容ですが、はじめて読む人にも1、2行の意味が分ってもらえればそれが吉本ワールドへの入り口になると思 います。強調やアンダーラインされた部分だけでも思考が進むように表記してあるのでビギナーでもOK。

 今後の予定であるゴーストやデジャブ、クオリアを可視化するための前提となる基礎が書いてあります。気が向いたところから読んで、ポイントになる数行が理解できれば、だんだん思想や哲学全般も概観できるキッカケになると思います。



■著者紹介
企業広報誌で思想や哲学の紹介を書いたり、東京やネットの特集をしたり…。出版社の情報誌がつけてくれた肩書は「トレンドアナリスト」。中二病の心を持っ てるかもしれないオヤジ化しつつあるキャラがカバーです。経済専攻で理系志向でもある甘辛党。ホットケーキ作るのが上手かも。

               

この著者のブログ

価格¥420(税込)

----------------------------------------------

上記の表紙画像以外はでじたる書房「デジャブとクオリアがわかる「共同幻想」」の販売画面のコピーです。

2012年11月15日 (木)

根源的な世界との関係

●世界との関係

 乳胎児にとって<世界>と自己は不可分ですが、部分的に可分となり対象化することが可能になります。


  赤ちゃんは空腹になるとオッパイが欲しくて泣きます。
  泣くとオッパイがもらえて空腹が満たされます。
  これらが反復されてある認識が成立します。

  泣くとオッパイがもらえて空腹が満たされる、ということ。
  空腹はイヤだ、ということ。
  泣いている自分がいる、ということ。
  オッパイという他者がいる、ということ。


 「空腹」というのは自己に起る必然的な現象で、それは現象に表出された自分そのもののことです。この反復から抽象化された自己認識(自己同一性)が析出していきます。
 「泣く」というのは自己の行為であり、行為をとうして自己そのものも対象化され自己関係性が生成されていきます。
 「オッパイ」というのは他からやってくるものとして他者であり、対象化された世界の一部です。
 「泣くとオッパイがもらえる」というのは自己と世界との関係です。受動的な自己の振る舞いが生む結果と自分との因果関係であり、その点で自己(の行為)を規定するものです。やがて「泣いてオッパイをもらう」という能動的な自己関係性に再帰し、自己コントロール可能な意識が確立します。これらは<世界>における<自己>と<他者>の在り方を示すものです。

●2つの自意識

母という世界との関係は反復することにより2つの認識を確立していきます。


  反復から抽象化される自己同一性。
  反復から対象化される自己関係性。


 自己同一性は「ワタシはワタシ」という言葉で表せる即自的な自意識であり、自己関係性は「ワタシのワタシ」という言葉で表せる対自的な自意識です。
 自己同一性は抽象化された自意識であり、反復する再帰性における不変的な意識だといえます。自己関係性は対象化された自意識であり、反復し再帰するごとの変化の可能性と外部性の意識だといえます。


  ワタシはワタシ
         自己同一性・自己抽象性
         即自
         強度・概念・自己確定
         現実界
         知覚からの離脱

  ワタシのワタシ
         自己対象性・自己関係性
         対自
         場所・規範・指示決定
         象徴界
         ベクトル変容


●根源的な2つの問い

 これらの意識は心的な認識システムの重層的なファクターの根源的なものですが、その可塑的な変成により発達成長してからも常に表出する可能性があります。
 時に<ワタシそのもの>へあるいは<ワタシがいる世界>への根源的な問いとして意識上にのぼります。自己関係性は反復と再帰により対他意識、他者関係性へと拡張し発展します。この拡張性(拡張することの可能性)が人間と動物との違いであり、それは<遠隔対称性>として無限に拡張しうる観念の可能性そのものです。


  ワタシはダレ?
  ココはドコ?


 自己対象性・自己関係性から生成する意識で最も根源的な問いは以上の2つです。
 これらは自己への問いであるとともに世界と他者への根源的な問いにもなっています。
 ここから意識の根源的な対象性として認識の基本となる<規範>が生成します。


  自己関係性の対象性に外部から具体性を導入して形成される意識が<規範>です。
  自己同一性の抽象性に外部から具体性を導入して形成される意識が<概念>です。


 自己同一性は自己意識そのものから自己規定するものであり、自己関係性は自己意識の外部から自己規定するものです。
 「自己意識そのものから自己規定」するときの属性は時間性として把握されます。自己関係性における「自己意識の外部」というのは外部環境由来の主に感覚的受容による知覚情報が考えられ、その属性は基本的に空間性です。

«2つの認識の基礎

ギブミー、ポチッ!

よかったら押してください!

無料ブログはココログ

PV

  • android

いろいろ

  • いろいろ