« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月26日 (金)

旅や引越しでもリセットできる!

TPO=場所的限定という原点

 ある精神分析医の本に、引越しをしただけで統合失調症が治ってしまった例が書かれてました。
 もちろん精神疾患が治った理由は不明だとされてます。しかし、そこにはハッキリと“引っ越したら治った”と書いてあります…。

 吉本隆明さんの読者ならば、すぐにわかる可能性があるのがココ。
 “引っ越したら治った”という事実について。

 認識の基本となるのは、まず、“ワタシはダレ?・ココはドコ?”という原点。
 この“ダレ?ドコ?”がモノゴトを認識していく<概念>や<規範>を形成する起点になる…ので、観念、意識の基礎にある<概念>や<規範>を変成したり変容したりできれば、すべての認識は自由自在に変化させることができるワケです。そのために宗教などが命がけの修業をしてでも獲得しようとする能力やスキルが、コレになります。それは“ダレ?ドコ?”まで遡行することと、そこで<概念>や<規範>をコントロールすること。
 それは自分がいま、どこに、どのようにいるか?ということがすべての認識の前提にありスタートになっているからですね。


 乳胎児では観念と運動が未分化。つまり思考と行動が未分化。
 そのために<感じたこと>はそのまま<行動したこと>になってしまう。
 そして“そこに居る”ことそのものが<行動した(する)こと>の原点(起点)になっている。

 そのために、そこまで遡って認識を組み直すと、すべての認識を作り変えることができる…。
 これが“引っ越した=場所を変えた”だけで精神疾患が治ってしまった根本的な要因です。

 問題は、引っ越して場所を変えただけのことが、どうやって“ワタシはダレ?・ココはドコ?”という原了解のレベルの認識まで遡行できるのか?ということ…。

 ここに吉本理論でもっとも重要な哲学的な発見があります。
 それはインド哲学の<ゼロの発見>にも相当するともいえるもの。すべての認識の原点になるもの…。
 ゼロの発見で数学は飛躍的に発展しましたが、<観念の弁証法>と自称される吉本理論は、その根本に観念の起点を定義づけることができているワケです。

 吉本隆明さんは、認識論において<ゼロ>を発見してしまっているといえるでしょう。本人は別の表現をしていて、<純粋疎外>と定義しています。この<純粋疎外>が数学における<ゼロの発見>にも相当するもの。
 吉本理論の全工程にわたって貫徹されている概念装置が、この<純粋疎外>で、これはまさしく<ゼロの発見>における<ゼロ>だといえるものです。


 ポイントは“引っ越して場所を変えた”だけのことが、認識の基礎を形成する“ワタシはダレ?・ココはドコ?”ということと、どうやって同致されるのだろう? どうやって変換可能なもの、転換可能な状態になるのか?ということですね。
 これは対象を感受する感覚が、TPOによっては対象と自分の峻別がつかない状態になることを論証できればいいワケです。
 つまり、人間は条件さえ整えば<自他不可分>の状態になる、ということを示すことができればいいはずです。


 旅に出てリフレッシュするのは、誰でもやってること。
 リフレッシュとは、認識を新たにすること。
 ふつうはリフレシュしても、そのあとで、もとの日常的な認識(終わりなき日常)に戻るだけですが、ちょっとしたことで、それをズラしたり、もとの日常とは別の認識を維持することができます。

 場所を変えただけでも、“ワタシはダレ?・ココはドコ?”という認識の原点=原了解のレベルへ遡行できれば認識をリフレッシュ、変成、変容することが可能です。そうすれば、すべて(の認識)は変えられる…。
 それが引っ越しただけで精神疾患を治してしまった人の例…。

 場所=TPOを変え、原了解レベルの認識をリセットしたりコントロールするということは、<世界視線>の見え方をコントロールすること…。

 それは誰もが意識しないで日常から行なっている自己治療であるかもしれません。
 この自己のリセットを意識的に行うことで、自分の強度を増すことができます。
 これはTPOをコントロールすることで…シンプルに最強の自己を生成する方法でしょう。

2012年10月19日 (金)

最初の2つの世界/物語がはじまるトコ

●最初の世界

 受精し受胎し生命が始まります。その時、生命にとってはその環境が世界になります。
 そして、その環境世界のなかで自分の位置(=場所)を確認しています。

 原始的な生命体でも自己の位置を確認しています。重力、地磁気、太陽光をはじめ潮の干満に代表される引力による変化などを感じ取って自分の位置を確定し、自分の場を確保します。自然環境は周期的な変化を繰り返しているので、自己の位置確認も断えず定期的・恒常的に行なわれてます。この反復は生命の基本的な行為だといえます。


  人間の個体の場合は胎内環境が<世界>です。
  この胎内環境<世界>は絶えず変化します。
  世界の<変化>に対して生命は<反復>する認識で対応しています。


 胎内環境という<世界>の変化は、つまり母体の心身の変化です。母体の栄養摂取の度合いや健康状態、精神的なストレスまで、母体に生じるすべてのデキゴトが、必ず何らかの変化を<世界>におこします。そして、この<世界>の変化が個体の属性を決定していきます。たとえばサリドマイドなどの薬害もそうです。妊娠中のある時期に胎児はサリドマイドに対する感受性が高くなるために、その時期に母体がサリドマイドを摂取していると発達不全が起こります。逆にその時期以外では悪影響がないことも確認されています。

 個体はあるタイミングで母体という<世界>から決定的な影響を受けているワケです。


●世界である母

 個体は<世界>との関係のなかで自分を確認します。

 そこに自分を知り(自己抽象→自己対象)、母体(世界≧対象)を知るという二つの認識が生じます。

 原初は<自己>と<世界>とは不可分です。<自他不可分>の状態です。
 この自らと対象が不可分なのが<自他不可分>の状態であり、システム論的には位相性の混乱です。
 生命システムとして定義不能のこの状態を『心的現象論序説』では<純粋疎外>と定義しています。
 また生命の生きているということそのものが<原生的疎外>という状態です。この<原生的疎外>と<純粋疎外>の差異が<観念≧意識>だと考えられます。

2012年10月 9日 (火)

赤ちゃんはまるごと<純粋疎外>!?

 赤ちゃん(≒胎児)には<自分>と<自分以外>のものとの区別がありません。自分がすべてです。自分が<世界>で、自分のまわりの<環境>で起ることは、自分に起ったことなのです。特に胎児ではそうです。

 お母さんの胎内にいる赤ちゃんにとっては、お母さんに起ったことは自分に起ったことになります。お母さんがストレスを受ければ、それは直接に赤ちゃんに影響します。
 胎児は母体から栄養をもらっていますから、お母さんの栄養不足は、そのまま胎児の栄養不足になります。お母さんが精神的なストレスを受けても、そのストレスはそのまま胎児に伝わります。

 やがて胎児は<自分>と<自分以外>のものの区別ができるようになります。つまり<環境>そのものである<母体>と自分自身を区別するようになるわけです。
 陣痛は、胎児が<自分>と<母体>を区別するようになった最初の、そして最大の証拠です。それまで母親の脳のアドレナリンに左右されていた胎児が、今度は自らアドレナリンを分泌し、<母体>との分離を求めはじめるのが陣痛なのです。

 陣痛から出産にいたるストレスはお母さんにとって大きな負担ですが、赤ちゃんにとっては生命をかけた<自立>のはじまりです。出産の時に胎児が浴びるアドレナリンの量は大人であれば致死量に相当するといわれています。文字どおり出産は赤ちゃんが生命をかけた自立であり、母体との別れです。

 出産によって物理的に母体と分かれた赤ちゃんは、今度は一生をかけて観念的に別れていきます。お母さんや親から分かれ(別れ)ていく、<人生>という長い物語のはじまりですね。

 出産後およそ1年間は、赤ちゃんはお母さんがいなければ生きていけません。
 赤ちゃんは<純粋疎外>と母子一体感に育まれながら、少しづつ別離の準備に入っていきます。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

ギブミー、ポチッ!

よかったら押してください!

無料ブログはココログ

PV

  • android

いろいろ

  • いろいろ